• サービス内容
  • ご利用事例

電子証明書発行のご利用事例

本サービスの電子証明書を利用し、S/MIME対応メールソフトにより電子署名によるメール送信者の「なりすまし」の防止、メール本文の「改ざん」の検知を可能とすることに加え、暗号化によるメール内容の「盗み見」を防ぐ等高いセキュリティによりお客さまビジネスを実現いたします。

S/MIMEによる電子メール送受信時の電子署名、暗号化

S/MIME対応の電子メールソフトと組み合わせてご利用いただくことにより、特定の相手に対し「電子署名」や「暗号化」メールでのやりとりをすることができます。第三者による「なりすまし」や「改ざん」といったを危険性を回避することができます。

電子署名 お客さまのメール本文が悪意のある第三者に改竄(書き換えてしまうこと)されることを防ぐことができます。また、悪意のある第三者がお客さまになりすましてメール送信を行い危険を防ぐことができます。
暗号化 機密情報のやりとりやプライベートなメールの送受信を安心して行うことができます。
  • 「暗号化」にあたり、送信先からの「電子署名」付きメールを一度受信し、「公開鍵」を入手する必要があります。

利用例1:メールの内容が他人に書き換えられないか不安だ

利用例1:メールの内容が他人に書き換えられないか不安だ

本サービスの利用者は、利用者だけの「秘密鍵」を使ってメールを送るときに電子署名を行います。「公開鍵」は電子証明書の中に入れてメールとともに相手に送ります。受け取った相手は送られてきた「公開鍵」を用いて内容を見ることができ、電子署名を行ったのが「秘密鍵」の持ち主であるメール送信者本人であることがわかります。
このメールが悪意ある第三者によって改竄されていた場合、内容が書き換えられた旨が通知されるので、通知が無ければ確かに書換えられていないことが分かります。

自分の秘密鍵+電子データ=署名されたデータ

利用例2:重要なメールは第三者に見られないようにしたい

電子メールはインターネット上を流通しています。悪意ある第三者が途中何らかの方法によって、あなたの電子メールを盗聴したとしても、暗号化されていれば内容について悪意ある第三者は知ることができません。
本サービスの利用者が電子署名によって「公開鍵」を送信した相手は、メールを利用者に返信する際、「公開鍵」によって、メールを暗号化することができます。暗号化されたメールは「秘密鍵」を持っている利用者のみが元の読める状態に戻すことができますので、悪意ある第三者による盗み見を防ぐことができます。

相手の秘密鍵+電子データ=暗号化

お申し込み / サービス追加

お申し込み

お申し込み
お電話でのお問い合わせ 受付時間 平日10:00~18:00 固定電話・携帯電話からは009192-123(通話料無料)ひかり電話からは0120-971-993(通話料無料)PHS・公衆電話からは03-5954-7257(通話料金はいずれもお客さま負担となりますのでご注意ください。 )