ユニバーサルサービス料について

2007年1月より「ユニバーサルサービス基金制度」が開始したことに伴い、「ビジネスぷららフォン for フレッツ レギュラープラン/マルチプラン」、「ビジネスぷららTVフォン」をご契約の皆さまに「ユニバーサルサービス料」を下記のとおりご負担いただいております。

ユニバーサルサービスとは

ユニバーサルサービスは、「国民生活に不可欠であり、あまねく日本全国における提供が確保されるべき」とされているサービス(注1)で、NTT東日本・西日本が提供している加入電話、公衆電話、緊急通報(110番・118番・119番)がこれに該当します。
注1)電気通信事業法において規定されています。

ユニバーサルサービス制度とは

ユニバーサルサービス提供事業者 (NTT東日本・西日本) のユニバーサルサービスの提供を確保するために必要な費用を、電話会社全体で応分に負担する仕組みです。ユニバーサルサービスの提供の確保のために必要な費用は、2007年1月以降、お客さまがご利用になる電話番号の数に応じて、弊社からユニバーサルサービス支援機関 (注2) を通じて、NTT東日本・西日本に支払われます。
また、1電話番号当たりの支払い額 (これを「番号単価(注3)」といいます) は、NTT東日本・西日本に対して必要とされる補てん額 (注4) をもとに、ユニバーサルサービス支援機関が法律で規定する公正な方法により算定します。

注2) ユニバーサルサービス支援機関として、社団法人電気通信事業者協会が総務大臣の指定を受けています。

注3) 毎年2回、番号単価の見直しがユニバーサルサービス支援機関によって行われます。尚、番号単価については、ユニバーサルサービス支援期間ホームページで公表されています。

注4) 補てん額は、離島・山間地などの高コスト地域における加入電話の加入者回線 (基本料) のコストの一部や、第一種公衆電話における赤字の一部を対象に算定されます。

ユニバーサルサービス料課金対象サービス一覧

サービス名 ユニバーサルサービス料
  • 2007年6月から12月までのご利用分
    1電話番号あたり月額7.35円(税抜価格7円)
  • 2008年1月から2009年1月までのご利用分
    1電話番号あたり月額6.3円(税抜価格6円)
  • 2009年2月から2011年1月までのご利用分
    1電話番号あたり月額8.4円(税抜価格8円)
  • 2011年2月から12月までのご利用分
    1電話番号あたり月額7.35円(税抜価格7円)
  • 2012年1月から6月までのご利用分
    1電話番号あたり月額5.25円(税抜価格5円)
  • 2012年7月から2014年3月までのご利用分
    1電話番号あたり月額3.15円(税抜価格3円)
  • 2014年12月までのご利用分
    1電話番号あたり月額3.24円(税抜価格3円)
  • 2016年6月までのご利用分
    1電話番号あたり月額2.16円(税抜価格 2円)
  • 2016年12月までのご利用分
    1電話番号あたり月額3.24円(税抜価格 3円)
  • 2017年1月以降のご利用分
    1電話番号あたり月額2.16円(税抜価格 2円)

ご請求方法等について

「ユニバーサルサービス料」のご請求方法:月末日時点でご契約中のものについて、当月分のぷららご利用料金に合算しご請求させていただきます。

「ユニバーサルサービス料」の単価

1電話番号あたり月額 月額2.16円(税抜価格2円)

前述のユニバーサルサービス支援機関による番号単価の見直し(年2回)に合わせて「ユニバーサルサービス料」の単価を変更いたします。また、「ユニバーサルサービス料」の単価が変更となる場合には、弊社ホームページにてお知らせいたします。複数の番号をご利用の場合は、ご利用の番号数に応じた金額をご請求させていただきます。

注意事項

  • 月途中で番号を取得された場合でも、「ユニバーサルサービス料」は日割りになりません。
  • 利用実績にかかわらず、月末日時点においてご契約されているお客さまに対しご請求させていただきます
  • 契約サービス単位で050番号ご利用初月に課金が発生しない場合、ぷららがユニバーサル料を負担いたします。
  • 「ユニバーサルサービス料」は請求明細確認ページにて、サービス名「ユニバーサルサービス料」として表示されます。